Sunday, April 30, 2017

【2017.4月末日】孤高のゴミ拾い: 21,831 km/13,565 mi

「気持ちいいねぇ。けど、GW過ぎたら暑くなる。3ヵ月は暑さに我慢せんと」と3-4度ほど声を掛けて頂きました。
川沿いの道路には、車関係のゴミがよく捨てられます。中高校生がゴミを捨てると言われる大人が多いのですが、いい歳した大人の方が性質が悪いですから。

いい歳した大人が捨てるゴミを、お年寄りと子供達に拾わせている社会です。
GWも気持ち良いお天道様の下でゴミを拾い続けます。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Saturday, April 29, 2017

【2017.4.29】孤高のゴミ拾い: 21,816 km/13,556 mi

GWに入りあっちこっちでイロイロなイベントが開催されるようでして。
ゴミもGWっぽく散乱していた大分川沿いの土手でした。捨て主を確認できるメモが入ってましたよ。表っ面でいい顔してプライベートでゴミを捨てる組織の方であると。上司も大変ですね。
今朝は風があったのでそこまで暑さは感じなかったのですが、日差しは強くなりました。ゴミ道中で会う老犬のレトリバーは、既に暑さにやられていました。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Friday, April 28, 2017

西寒多神社: 年間祭祀

【1月1日】歳旦祭
【2月1-3日】厄除け星祭
【3月15日】祈念大祭
【3月20日】本宮社春の大祭
【4月15日】例大祭
【4月29-5月3日】ふじまつり(講社祭・藤花祭)
【5月3日】大祭(引き続き育木祭)
【5月4日】戦没者慰霊祭
【5月5日】水神祭
【6月30日】大祓
【7月最後の日曜日】夏越祭
【9月23日】作祭
【10月20日】本宮社秋の大祭
【11月23日】新嘗大祭
【12月31日】大祓/除夜祭/古守札焼納祭
【毎月1日】月次祭
*********************************************
昭和7年(1932)発行『国幣中社西寒多神社略記』に記載されている祭祀(特殊神事除く)

【1月1日】歳旦祭(中祭)
【1月3日】元始祭(中祭)
【2月11日】紀元節祭(中祭)
【2月20日】新年祭(大祭)
【3月春分の日】春季皇霊祭遥拝式/繰生社春祭
【3月20日】本宮社祭
【4月自1日-至3日】神幸祭
【4月3日】神武天皇祭遥拝式
【4月6日】奨学祭(小祭)
【4月15日】例祭(大祭)
【4月29日】天長節(中祭)
【5月上旬】講社大祭(藤花祭)
【5月14日】列格記念祭(小祭)
【5月17日】厳島社例祭
【6月30日】大祓式/道饗祭(小祭)
【舊6月晦日】御祓祭(小祭)
【8月25日】天神社例祭
【8月秋分の日】秋季皇霊祭遥拝式/繰生社祭
【10月9日】合併者例祭
【10月17日】神嘗祭遥拝式/伊勢社秋祭
【10月20日】本宮社秋祭
【11月3日】明治節祭(中祭)
【11月22日】鎮魂債(中祭)
【11月25日】新嘗祭(大祭)
【12月25日】大正天皇祭遥拝式/煤祓式
【12月31日】大祓式/道饗祭(小祭)
【舊11月中卯月】卯月祭
【毎月1日】月旦祭(小祭)
【毎月15日】月次祭(小祭)/講社月次祭(小祭)/献詠祭(小祭)

【2017.4.28】孤高のゴミ拾い: 21,801 km/13,547 mi

土手の草が日に日に目に見えて伸びています。早い所では腰や胸くらいまで。
ゴミ拾いを始めて、大きな変化が2回ありました。

一つは、『大分市家庭ゴミ有料化』です。特に独身男性が投棄する小型の家庭ゴミが増加しました。家にゴミをためないよう、その都度投棄することが常習化してしまった人も多いようです。

もう一つは、大分駅の『アミュプラザおおいた』開業です。その直後のゴールデンウィークに「あ、そういうことか」と、ポイ捨てゴミで気付くくらいに人の流れが変わりました。
今年のゴールデンウィークのポイ捨てゴミはどうでしょうか。休日には休日の、盆正月には盆正月の、ゴールデンウィークにはゴールデンウィークのゴミが捨てられます。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Thursday, April 27, 2017

【2017.4.27】孤高のゴミ拾い: 21,786 km/13,537 mi

昨日はよく降りました。ゴミ拾いはできなかったので、南大分公民館にゴミ袋をもらいに行きました。大切に使わせて頂きます。

土手はまだ乾いておらず、草の中にあるゴミを拾うことはできませんでした。草もだいぶん伸びてきました。

子供ちゃんの手作りのアイテムを拾った時が一番困ります。捨てるに捨てられない。一応、まだ持ってます。
河川敷の先にはゴミがいっぱい捨てられています。川面をのぞくとゴミがいっぱい引っかかっています。手が届きそうで届かない。足元も濡れて危ないのであきらめました。高枝切り狭みがあれば、あっちこっちのとれそうでとれない所のゴミを回収することができるのですが。
 雨水をたっぷりと吸い込んだゴミ達は、かなり重かったです。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Wednesday, April 26, 2017

西寒多神社: 歴代宮司

物集高世
就任年月日: 明治6年3月14日
退・転任年月日: 明治7年4月7日

田近陽一郎
就任年月日: 明治7年4月9日
退・転任年月日: 明治9年2月8日

湯谷基守
就任年月日: 明治9年3月17日
退・転任年月日: 明治10年12月18日

江藤正澄
就任年月日: 明治10年12月28日
退・転任年月日: 明治11年3月28日

宗六翁
就任年月日: 明治11年3月4日
退・転任年月日: 明治11年12月1日

村井泡
就任年月日: 明治11年12月19日
退・転任年月日: 明治15年6月3日

毛利登
就任年月日: 明治15年9月19日
退・転任年月日: 明治39年8月13日

金子長吾
就任年月日: 明治39年8月13日
退・転任年月日: 明治42年11月19日

遠山正雄
就任年月日: 明治42年12月1日
退・転任年月日: 大正3年4月18日

石上清治
就任年月日: 大正3年4月18日
退・転任年月日: 大正9年10月8日

後藤周治郎
就任年月日: 大正9年11月19日
退・転任年月日: 大正12年9月27日

久松信正
就任年月日: 大正12年9月28日
退・転任年月日: 昭和2年8月13日

長曾我部延男
就任年月日: 昭和2年8月13日
退・転任年月日: 昭和4年3月

松本浩通
就任年月日: 昭和4年3月5日
退・転任年月日: 昭和7年8月23日

上井廣𠀋
就任年月日: 昭和7年8月23日
退・転任年月日: 昭和20年12月8日

河野八百吉
就任年月日: 昭和21年6月24日
退・転任年月日: 昭和29年12月25日

小野新
就任年月日: 昭和29年12月25日
退・転任年月日: 昭和43年2月

村井昌
就任年月日: 昭和43年5月15日
退・転任年月日: 平成5年8月31日

玉井篤
就任年月日: 平成5年9月1日
退・転任年月日: 平成13年3月31日

縣好久
就任年月日: 平成13年4月1日

(写真: 昭和10年代)

西寒多神社: 氏子会

昭和21年(1946)2月に神社制度が廃止されたのに伴い、西寒多神社付属団体の豊後一宮講社を廃止せざるを得なくなった。それにともなって新たに氏子会を作ることになり、同年3月に氏子会規則を定めた。全文26条からなる規則の第2条は「本会は西寒多神社の隆昌を期し西寒多大神の御神徳を発揚顕現すると共に氏子恒例の祭祀神事を行うを以って目的とす」とその目的を定め、第3条で恒例の祭祀神事として例祭(4月15日)、祈念祭(2月20日)、新嘗祭(11月25日)、初卯祭を挙げている。


豊後一宮西寒多神社氏子會規則

第一條 本會ハ西寒多神社氏子ヲ以テ組織シ西寒多神社氏子會と称シ其ノ事務所ヲ西寒多神社々務所ニ置ク

第二條 本會ハ西寒多神社ノ隆昌を期シ西寒多大神ノ御神徳ヲ發揚顕現スルト共ニ氏子恒例ノ祭祀神事ヲ行フヲ以テ目的トス

第三條 本會ノ行フ西寒多神社氏子ノ恒例ノ祭祀神事ハ次ノ如シ

例祭四月十五日 祈念祭二月二十日
新嘗祭十一月二十五日 初卯祭 


第二章

第四條 本會々員ハ従前ノ西寒多神社氏子區域内ナル大分郡稙田村

(以下中略)

第六章 附則

第二十六條 本講社ハ昭和二十一年二月二日神社制度ノ廢止ニヨリ富然、国幣中社西寒多神社附属講社タル豊後国一宮講社規約モ改正ヲ要スルヲ以テ開發シコ丶ニ本規則ヲ制定シ神社法人登録済ノ日ヲ以テスルモノトス



豊後国一宮講社

大正13年(1924)3月13日、「崇敬者を結集して御神威を発揚する」ことを目的に豊後国一宮講社が設立された。主な事業は年一回講社大祭を厳かに実施し、祭典料を積み立てたり、各種品評会や講和会の開催を挙げている。

いずれにしても明治18年頃に結成されたと思われる一宮講社の改組と思われる。昭和16年の神祇院報告では、議員数は4,982人となっている。

(写真: 大正14年2月)

【2017.4月末日】孤高のゴミ拾い: 21,831 km/13,565 mi

「気持ちいいねぇ。けど、GW過ぎたら暑くなる。3ヵ月は暑さに我慢せんと」と3-4度ほど声を掛けて頂きました。 川沿いの道路には、車関係のゴミがよく捨てられます。中高校生がゴミを捨てると言われる大人が多いのですが、いい歳した大人の方が性質が悪いですから。 いい歳した大人...