Tuesday, July 29, 2014

孤高の登拝(Going-to-the-God Trail): 19度目

少し霞んでいたが、久しぶりに下界を望むことができた。湿度もなく気持ちの良い汗をかいた。
午後からの自分に期待。鰻は食さず。
登拝に向き合う姿勢が良くなったような気がする。

Tuesday, July 22, 2014

孤高の登拝(Going-to-the-God Trail): 18度目

昨晩夕立が降ったため、今朝の本宮山の谷には朝靄が立ち込めいていた。木々の間から何本もの太陽光がスポットライトのように足元を照らしてくれた。
大分市街地も霞んで見えなかった。
ここ数回は、動物(鹿など)の気配は感じなかったが、ニャンコちゃんは、いつも通りに迎えてくれた。

Wednesday, July 16, 2014

孤高の登拝(Going-to-the-God Trail): 17度目

 17度目の登拝で西寒多神社のニャンコちゃんが、初めて寝転がってじゃれてくれた。指を甘噛みしたりペロリとなめたり。けど、散歩人が来たらまたいつも通りの態度に戻った。ツンデレなんだと思う。
山の中は涼しく気持ちよく登拝できた。

大分市街地の低い層に霧が立ち込めていたが、下界からはどう見えていたのだろうか?
奥宮の狛犬もじゃれて甘噛みしてくれた。
今日は気分もよかったので、いつもより長く奥宮・磐座に滞在。

Tuesday, July 8, 2014

孤高の登拝(Going-to-the-God Trail): 16度目(UFO目撃)

2日続いた雨で登拝道が緩んでいるという予測で、41号線から奥宮・山頂を目指した。

途中、雲海を撮影しようとカメラをむけたところ、小さな物体が映り込み虫だと思い払いのけようとしたところ、遠い空中に静止した物体であることに気付いた。
よく見ると右側から薄い太陽光があっているのがわかる。
えー!と思ってしばらく観察していたら、左斜め上にぴゅーっと移動し雲の中に入った。

あれは、一体なんやったんやろう??
朝2:00に起床し、寝不足と蒸し暑い中での登拝だったの、下山してから歩いて帰ってくる(約75分)間はちょっとしんどかった。

最悪のコンディションだったけど、さぼらずに登拝できたことはよかった。明日明後日は台風の影響で難しいということもあった。

Tuesday, July 1, 2014

孤高の登拝(Going-to-the-God Trail): 15度目

1ヵ月ぶりに晴れの登拝。早朝から蒸し暑く、登拝口にたどり着くまでに汗だくだくとなった。

今朝もまたニャンコが迎えてくれ、カメラが苦手なため喉をコチョコチョしながら後姿を盗撮。
PM2.5の影響か、大分市街地は霞んでいた。
今日から2014下半期が始まる。その初日に登拝できてよかった。いいスタートを切ったと思える2nd. Halfのパフォーマンスにしたいと思う。

西寒多神社: 豊臣秀吉関連古文書

豊臣秀吉直書状(直書)写 天皇の意を受けて、関白秀吉が大友氏と島津氏との和睦を勧告したもの。 日付、宛名はないが、これとほとんど本文が同じ文書が天正13年(1585)10月2日付けで秀吉から島津氏宛に出されている。 本文書は同日付で秀吉から大友宛に出された「惣...